HPV(治療・原因・症状)

HPV

ヒトパピローマウイルス(Human papillomavirus:HPV)はパピローマウイルス科に属するウイルスの一つでパピローマまたは乳頭腫と呼ばれるいぼを形成することから名付けられたウィルスです。

には100種類上のタイプがあり、ヒトパピローマウイルスによって引き起こさされる疾患は尖圭コンジローマ、ボーエン様丘疹症、子宮頸がんなどがあります。近年、子宮頸がんの原因として同ウイルスが挙げられるようになりました。子宮頸がんなどのすべての原因というわけではありませんが、子宮頸がん組織中の同ウイルスの検出結果などから、深い関係性が指摘されてきています。

同症状は性交渉によって簡単に感染していきます。女性のほとんどが一度は感染する機会の多い感染症です。女性の生涯感染率は80%を超えるとも言われています。普通の場合だと感染しても数年すれば自然治癒しますが、希に感染が長期化することがあります。同ウィルスの持続感染が続くと、子宮頸部に異常増殖(異形成)が起こり子宮癌のリスクが高まっていきます。

東京都による調査によれば、383検体の遺伝子の検出調査の結果、約43%(154検体)からHPV遺伝子が検出されています。発ガンリスクにより分類したところ、低リスク群が6.5%(25検体)、高リスク群は24.8%(95検体)となっています。受診者の年代別のHPV検出率では、若い世代での検出率が高く、高リスク群では10代と50代での検出率が高い傾向があります。

>>>自宅でできる性病検査ランキングはコチラ


即日で検査完了!
人気NO.1の性病検査!
↓↓↓↓↓↓