B型肝炎(治療・原因・症状)

B型肝炎

B型肝炎とは、HBVに感染することで発症するウイルス性肝炎の一つです。は感染者の血液中に存在するため、血液、唾液などの体液を介しての感染が可能性としてはあります。主たる感染源は過去の輸血、医療事故、母子感染などが挙げられます。性的接触による感染もあります。

感染後一定の期間をおいて急性肝炎として発熱、黄疸、吐き気、倦怠感などを発症する人と、本人が自覚の無いまま感染し治癒している人の人がいるといわれています。配偶者またはセックスパートナーがB型肝炎キャリアーの場合は相手がB型肝炎未感染者であればB型肝炎ワクチンにより感染を防ぐことができます。

B型肝炎はウイルスによって肝臓の細胞が破壊されてしまいます。過去は輸血での感染が多かったものの技術向上のため減少傾向にあり最近は性交の際の微細な傷から感染する例が多いと言われています。

防対策としては血液が他人に付着しないようすることが必要です。症状としては熱や下痢、不眠症や食欲不振、吐き気などがあります。治療はまずは安静に寝ておくこと、他は栄養剤による薬物治療、食事療法などがあります。

診断方法としては、肝機能は血液生化学検査でGOT、GPT、ビリルビンなどを調べるというのが一般的です。ウイルス感染の有無はB型では感染後1ヶ月してから、C型では感染後2〜3ヶ月してから血液中の抗体を調べます。血液検査としてはIgM型HA抗体、HCV抗体を検査しA型肝炎やC型肝炎などを除外し、HBs抗原の検査でB型肝炎の感染を特定できます。

本症状については厚生労働省が作成している【協力(財)ウイルス肝炎研究財団 (社)日本医師会感染症危機管理対策室)】「B型肝炎について〜一般的なQ&A」についても参考になりますので併せてご参考頂ければと思います。

>>>自宅でできる性病検査ランキングはコチラ


即日で検査完了!
人気NO.1の性病検査!
↓↓↓↓↓↓