トリコモナス感染症(治療・原因・症状)

トリコモナス感染症

トリコモナス感染症とはその名の通りトリコモナスという原虫によって膣炎が引き起こされる性病の種類です。この原虫はゾウリムシやミドリムシなどと同じ原虫の仲間です。

感染症の症状としては、通常は女性のみが膣炎・子宮頸管炎・尿道炎といった症状が出ます。悪臭を伴う泡だったおりものや、性交・排尿時の不快感、女性器のかゆみ・痛み・灼熱感などがあります。まれに下腹部に痛みを感じる場合もあり、通常は10日ほど潜伏期を経てこれらの症状が現れることが多いです。なお続発症としてHIV感染リスクや未熟児の出産が増加するというリスクもあります。男性の場合にはたいてい無症状ですが、ときどき尿道にかゆみを感じたり、排尿・射精時に軽い痛みを感じたりする人もいます。

感染経路としては、ほとんどが性行為によるものですが、ほかにも浴槽や公衆浴場、温泉などで感染するケースもあります。最近公衆の水場に行った方はよく思い出してみましょう。またタオルなどが感染源になることもまれながらありますので必ずしも性行為が経路ではありません。 

感染症の診断方法としては、顕微鏡で病原原虫を観察することにより診断するのが一般的です。膣から綿棒で粘膜を採り、スライドグラス上に塗布しギムザ染色の後に検鏡します。男性の場合は尿沈渣や前立腺分泌物中に運動する虫体が検出されます。治療には通常メトロニダゾールを用いますが、内服に加えて膣剤を併用する場合もあります。

治療法としては、男性の場合ならメトロニダゾールの内服を10日間行います。女性の場合はメトロニダゾールの内服、またはメトロニダゾールの膣剤、またはその併用をします。男性女性とも薬が良く効く病気です。メトロニダゾールにはアンタビュース作用があるので内服治療中はアルコールは飲めないという点は気をつけましょう。

予防に関してはコンドームの使用によりトリコモナス症の蔓延を阻止できると考えられています。 日本では女性の5〜10%、男性の1〜2%が感染しているといわれているので不特定多数との性行為を避けるのは予防の大前提です。

余談として、妊娠中の感染についてですが、妊娠初期では内服投与によって胎児へ影響を与えてしまうことがあります。この場合は膣錠対処になります(膣錠についてはGoogleなどで検索してみて下さい)。妊娠中期から末期にかけては、膣炎が影響して早期に破水を起こして早産の原因となる場合があるので注意が必要です。ともあれまずは性病検査キットなどで早期発見することが第一歩です。

>>>自宅でできる性病検査ランキングはコチラ


即日で検査完了!
人気NO.1の性病検査!
↓↓↓↓↓↓