男性の性病 - 性病検査ガイド -

男性の性病

「男性器がかゆい」「みたこともないウミが出ている」「ブツブツが出てきた」など性器に異常があれば性病の可能性があります。特にパートナーの性交渉が直近にあればなおさら慎重に考えるようにして下さい。

男性の性病場合、以下のような症状が出れば感染の疑いがあります。

・性器にかゆみを感じる
・目で見てわかるブツブツなどがある。
・性器の表面からウミが出ている。
・排尿時に痛みを感じる。
・排尿時に熱い感じがする。
・濃い分泌物がでる。

男性の性病検査は、これまでは泌尿器科または皮膚科、性病科で行うのが一般的でした。ただ最近は自宅で行う性病検査なら梅毒を含む12種類の性病を一括検査できるので、自宅で行う性病検査が一般的になってきています。(WEBで申し込み自宅検査です。金額は5千円〜1万円程です。)

男の場合は、はっきりした症状がなくても、

・少しでも性病が気になる。
・複数の女性と付き合いがあった。
・排尿時に何となく違和感がある。
・セックス時にパートナーが少し出血する。
・パートナーの臭いやオリモノが気になる。
・今までに性感染症(性病)にかかったことがある。
・今までに性感染症(性病)を治療して完治確認をしていない。

このような場合は、検査を行った方が良いでしょう。

男性の性病の中では、クラミジアが最も感染の頻度が高く、初期には感染に気付きにくいことから、次々と感染するケースが多いものです。クラミジアの特徴として、感染のきっかけとなった性交渉後1〜4週間で、尿道が赤くなるなど尿道炎の症状が起きることがあります。こういった症状も尿道炎を起こす前に性病検査キットで調べることができます。

ともあれ、少しでも性病の可能性が気になるのなら今後あなたとセックスをするパートナーの為にも、簡単にできますので一度性病検査をしておくことをお勧めします。初めて自宅で性病検査をされる方は検体到着後に即日で結果が出るセルシーフィットを推奨しています。HIV等12種類の性病を一括検査できます。 チェックを受けましょう。

※性病の恐れがある男性へ一言
性病は、放置しておくと慢性化して前立腺炎や副睾丸炎を併発することもあるので早期発見、早期治療が大切です。ネットの検査でも恥ずかしいと思われる方もいらっしゃるかもしれませんが恥ずかしがらずにチェックを行いましょう。自分だけでなくパートナーにも移してしまう怖い病気です。性病には多くの種類があります。また、その症状は多くの場合、男性と女性で異なります。このため、症状での性病かの判断は、素人には難しいのが現実です。病院に行くのが恥ずかしい方は郵送検査でokです。初期段階でしっかりと対応するようにして下さい。

>>>自宅でできる性病検査ランキングはコチラ


即日で検査完了!
人気NO.1の性病検査!
↓↓↓↓↓↓